2008 年 3 月 のアーカイブ

お宅訪問?その2

2008. 03.31


さて、前回に引き続きもう少し拝見させて頂き、もうちょっと冷蔵庫によってみましょうか・・・
見えにくいかもしれませんが、ガスレンジの前に麦の束のステンシルがあります。
自由が丘にOutside inがあった頃、覚えていらっしゃる方も多いと思いますが、あの懐かしいDepot39の一階サニタリーに入った正面の麦の束と同じステンシルです。
キッチンの壁に麦の束がとても映えています、私にとっては懐かしい麦のステンシルにまたここで合うことが出来て幸せです。
サンタフェタイルがとても素敵に使われ、明るくて気持の良いキッチンです。もちろん掃除が行き届いていることが一番の気持ち良さにつながっています!!
ステンシルばかりではなくガラスエッチングも上手に取り入れていらっしゃいますのでまた続きを・・・お楽しみに!!

お宅訪問?その1

2008. 03.29


先日、素敵なお宅にお伺いすることがありました。
ステンシル、ガラスエッチングの定期教室をすべて終えられて、ご自身のお住まいにすべてを生かして暮らしを楽しまれています。
皆さんもきっと拝見させて頂きたいだろうと思いますし、ステンシルやガラスエッチングの生かし方の参考にもなるでしょうと・・・少しずつご紹介させて頂こうと思います。
こちらはダイニングキッチンの片隅。さりげないアイビーのステンシルが壁に描かれて、なんと冷蔵庫の扉にも。。。冷蔵庫の上に置かれたプラントと自然につながって広がりをより感じます。

ミモザのリース

2008. 03.27


あ〜、なんて時間が過ぎていくのが早いことか。。。ミモザの季節はあっという間に通りすぎ、今日の桜はどんなかな?と毎日の桜情報に気持ちがわくわくして、この週末はきっとどこもお花見でいっぱいですね。
ミモザの無い春を迎えた我が家でしたが「お庭に咲きました」と生徒さんから。
鎌倉のお店には奥の方になりますが房アカシアを植え、今年はずいぶんと大きくなり花を咲かせました。
そんな訳でお店にと頂いたミモザでしたが自宅に持ち帰り出窓に飾らせて頂いていました。もちろん、お水の中に活けていたのですが、もうすっかりドライフラワー状態になってしまってそれでもなんだか黄色くって丸〜い一粒一粒がかわいらしく・・・捨てるのが忍びなくって。
たわんだ枝ぶりがちょうどリースのようで、そのまま丸めて小さなリースにしてもう少しここにいてねと。ただ丸めただけですが下さった方の気持のように心なしかハート型のリースになりました。かわいいミモザをどうもありがとうございました。
あっ、今度はミモザのリースのステンシルデザインにしよう。来年の春のテーブルに!!

満開!!です

2008. 03.26


今日もとっても良いお天気!
世間では桜の開花情報があちらからもこちらからも聞こえてきますが我が家の庭では桜ならぬプラムの花が満開!!ちょうど2階の寝室の窓の前に広がります。
桜よりずっと小ぶりな白いとってもかわいい花です。スモモですから桃の花に近いでしょうか?でも梅も英語でプラム?いずれにしてもおなじ同じバラ科サクラ属ですね。・・・たぶん品種は「メスレー」だと思います。
実生で育ったプラムです。20年ほど前にご近所のプラムが豊作で沢山の実をいただきました。とってもかわいくって甘酸っぱくっておいしくて、食べた実の種はすべて庭に植えました。
そこからニョキニョキと育ったのがこの木です。ちっとも実がつかず10年目に「実を付けないと切っちゃぞ!!」と脅したら、その年にちょうど家族の人数分だけ始めて実を付けました。
それからは、今では10個〜20個ほどですが何とか毎年実を付けてくれます。実が幾つ付くのか毎年とっても楽しみで葉が茂り出すとのぞき込んで実を探してみます。
赤く色づけばすぐに見つかるのですが、色づき始めたら鳥と収穫を競い合わないと「ちょうど食べ頃かな?」と楽しみに採って見たら裏は空っぽ・・・ということも多いのです。
プラムの木の足元にはスノードロップに替わり小さなスイセンのテータテートが満開です。

今日の刺繍教室

2008. 03.23


今日はイースター、今年はずいぶん早かったですね。イースターが3月だと春が早くやって来るという言伝えはほんとうですね・・・今年はもう桜が開花、入学式の頃までもつでしょうか?
さて、今日の刺繍教室も皆さん真剣そのもの!!2時間かなりな集中力でがんばります。
決してお教室といって毎日お茶をしているばかりではありませんよ。今日はイースターだし、2時間びっしり頑張ったし・・・ということでお教室が終わって御園二葉先生にお話を伺いながら、ちょっとホッとしているところです。

本日入荷

2008. 03.22


クッキー型がやっと入荷してきました。エッフェル塔、クラウン、錨、リス、どんぐり、ツリー、タマゴ、ヒヨコ、子羊、ウサギ、クローバー・・・などなどまだまだ色々!!
届いてすぐに焼いてみたくなり、夜中にごそごそとクッキーを試し焼き。全部の型を使って焼いてみましたが、既に食べてしまった形も。。。
仕事をぽつぽつとし始めた頃、週に一度大型クッキージャーいっぱいに焼いてお留守番さんのおやつに置いていたことを懐かしく思い出しました。
その当時の懐かしいレシピカードを付けて今日からOutside inに並んでいます!!

北風 

2008. 03.21


暖かな春の日が続き今週末には桜の開花も・・・とすっかり春気分でしたのに、昨日も今日も冷たい北風が吹き荒れてやっぱりまださむ〜い!!春らしい色のセーターが必要ですね。
こちらは先週のガラスエッチングクラスの方々、春色セーターに明るいフエルトブローチが素敵です。まだしばらくフエルトシュクシュク楽しめますよね!!

懐かしいスモック刺繍

2008. 03.20


モノグラムのステンシルに刺繍をプラスして巾着型のバッグに仕上げました。
バッグの口元には懐かしいスモッキングを御園二葉先生に刺して頂きました。きっと、写真から想像するよりもかなり大降りの巾着型バッグです。ショルダーバッグにもなるし、手下げでもいいし、エコバッグとして持ち歩いてもいいしと出来上がりに大満足しています。
スモック刺繍・・・って何だか私にはとても懐かしい響き。
もう一度、しっかり覚えたくてスモック刺繍の教室を御園先生と企画中!!です。

修了日

2008. 03.19


鎌倉に移って二期目のステンシル教室(平日クラス)が修了いたしました。
初級クラス<ティータイムの楽しみ>をテーマに12回のカリキュラムでお茶廻りの物にステンシルをしたり塗装をしたりとステンシルの基本から始まり、中級クラス<ガーデンステンシル>はアンティークスタイルの仕上げ方を入れてテラコッタやバケツなどを12回で、そして上級クラス<壁へのステンシル>は壁に自分スタイルでステンシルがテーマです。全部のカリキュラム36回が修了したというわけです。
皆さんが作った作品の数々は、ガーデンステンシルがテーマの物は昨年の作品展に展示させて頂きました。きっとご覧くださった方も沢山いらっしゃると思います。今回の壁がテーマの大作は今年の作品展に展示されますのでその時までのお楽しみに。。。
皆さん、ずーっとステンシルを楽しみ続けていって欲しいな!!と思います。そして作品を作るというより暮らしの楽しみにステンシルを生かしていって頂けたらうれしいなと思っています。

バトンタッチ

2008. 03.18


暑さ寒さも彼岸まで。。。
もうすっかり春本番、寒さがぶり返すこともないと天気予報では言っていました。そしてスノードロップから小さなスイセンのテータテートにバトンタッチ。これから次々と咲き出してくれるでしょう、今年は何本ぐらい咲いてくれるでしょうか・・・?写真では大きく見えるかもしれませんがスノードロップとちょうど同じぐらいの大きさです。
今日はステンシル教室を修了するクラスがあります。ステンシル教室最後の課題はちょっと大作・・・皆、出来上がったかちょっと心配です。今日は皆の大作に会うのが楽しみでもあり、修了の日を迎えるとお会いする機会が少なくなってしまうのでさみしくもあります。

今日の幸せ

2008. 03.13


今朝、見つけた幸せです!
何がかって?この画像の真ん中にある落ち葉の中から顔をのぞかせたフウロソウです。
10年ほど前に白花アケボノフウロソウと透き通るようなブルーのフウロソウを庭に植えたくて園芸店に行く度に探していました。なかなか出会うことがなく、それでもようやく7〜8年前に出会ったピンク色の小さな苗をを3株植え込みました。
限られたスペースの小さな庭ですが植えたい植物はいっぱいあり、つい過密状態になってしまいがち。このフウロソウも隣のプリムラにおされ気味で花の時期に大きくなることが出来ずにいました。花が終わってぐんぐん育つプリムラの株の陰でひっそりと花をつける程度です。
これではかわいそうと昨年秋に株を掘り起こし移動しました。冬の間は地上から姿を消してしまうので春になって芽が出てくるかとても心配していたのです。
そう、その株が3株共、ちゃ〜んと植え替えた先から顔をのぞかせてくれたというわけです。
今はインターネットを使ってほとんどの物が手に入る便利な時代になりました。欲しかった白色や青色のフウロソウも調べれば簡単に手に入るようなので驚きです。
でも、ようやく顔を見せてくれたフウロソウはアサマフウロだとばっかり思っていたのですが、調べてみると絶滅の危機だそう。。。
ではこれは何フウロソウだったのかしら??
フウロソウ

今年度最後のカルトナージュ教室

2008. 03.13


昨日は今年度最後のカルトナージュ教室・・・ティーセミナーの間違いではありません!
カルトナージュ教室に一緒にご参加されていたティーセミナーの奥川伊津子先生がケーキを焼いてきてくださいました。レッスンを終えて広岡ちはる先生を囲みお茶を楽しみました。
ほとんどのメンバーが来年度も継続です。カルトナージュ作品完成画像は来年度に持ち越し?かな。。。
きっと、4月のレッスン時には完成作品が並びますね!!

春!!

2008. 03.09


暖かな春の一日でした。
バスケットの中のスイセンは次々と咲き出して満開に。。。
今日はミシンがけをしたりデザイン画を起こしたり・・・でもその途中でどうしても庭が気になり何度も窓の中から眺めます。
こんなに暖かな日は、庭の様子が窓から眺める度にちがっています。どんどんクロッカスの花が開いていったり、ヒヤシンスの芽がぐんと大きくなっていたり。

さようならミモザ

2008. 03.05


キッチンのドアの脇にミモザを植えてからもう20年以上・・・あっという間に大きくなり2階の屋根をとっくに越えてしまう大木になっていました。
ちょうど2階の私の作業机の前の窓には、真黄色なふっくらとした花が甘〜い香りと共にいっぱい立ちこめます。
この窓から眺めてスケッチしたのがガーデンステンシルの本の中にあるミモザの2枝です。
本名(?)は房アカシア・・・葉色がブルーグリーンで大きく、ふっくら真ん丸い黄色い花を引き立てています。葉が小ぶりで放射状についているのは銀葉アカシアです。
植えた時はほんの1mほどのひょろひょろっとした物でした。植えてくださった植木屋さんに「これは木というよりは豆科の草ですよ。あっという間に成長してしまいますよ」・・・ほんとうにその通り!!
4〜5年ほど前から太〜い幹の中にアリが巣くってしまいました、色々手当てをしてみましたが年々ひどくなる一方。太〜い幹が真ん中からパックリ割れてしまっています。すぐ近くにある電信柱から伸びているお隣り2件への電線、これはこのミモザの茂った枝の中には入り込んでしまっています。もし大きな台風でこの木が倒れてしまったら電信柱ごと倒してしまうでしょう。。。
ここ数年そんな心配があり、とうとう昨年の台風シーズン前に切り倒してしまうことになりました。・・・もし倒れてしまったらご近所にどんなご迷惑をおかけすることになるかと。
ミモザ自身もまるで自分の寿命がわかっていたように、花後の種の飛び散りようが異常なほどでした。毎年花のあとには豆の莢がいっぱい付き、中から種がはじけ飛びます。はじけたこぼれ種からミモザの子供もいっぱい出てきます。
昨年は、朝起きると外からパチパチパチパチっとひっきりなしに音が聞こえます。ご近所の方も音が気になり2階の窓から顔を出して辺りを見回しています。
そう、一斉に莢がはじけて廻り中に種が飛び散る・・・その音だったのです。
そしてこれが最後の写真となりました。20年以上の間、毎年毎年待ちわびる春を楽しませてくれてほんとうにどうもありがとう!!
今年は真黄色なふっくらとした花も甘〜い香りもない寂しい春を迎えています。
・・・が、昨秋園芸店に出掛けた際にヒッコリーワトル(これもミモザアカシア)と出会って、つい、連れて帰って来てしまいました。まだ1mに満たない物なので大鉢に植えてみたのですが、地植えにするか悩みどころです。。。

春の球根

2008. 03.04


パリの街を歩いてとても気になったウィンドーを飾る春の球根達・・・ほんとうは昨秋に植え込んで成長を見るのが一番の楽しみなのですが、植えそびれてしまった方にはちょうど見ごろの春の球根花達が園芸店で今はとてもお買い得に!!
そんな球根をそっと移して植え込んだら、こんな感じに!!
空っぽで置いていても、ドライフラワーのアレンジを入れてもきっといい感じ・・と、この鉢カバーとても気に入っています。

ひな祭り

2008. 03.03


すっかり春めいて、暖かな一日でした。
手のひらにゆったりとのせることの出来るほどのお雛さまを出窓にそっと飾りました。
残念ながら女の子のいない我が家ではこんな小さなお雛さまですが、それでもやっぱり季節の行事は大切にしたいと思います。
ご馳走を作る手間を省いて(お雛さまごめんなさい)ちらし寿司ではなく、エンドウ豆とサクラのおこわと菜の花の煮浸し、あとはきんきの塩焼きとハマグリではなくアサリのお吸い物、こんなメニューで済ませましょうか。。。
春らしい日差しがお雛さまに優しく差し込んでいましたが、窓の外では黄砂と杉花粉・・・明日も吹き荒れそうですね、外へ出る時はしっかりガードをしなくては。

スノードロップ

2008. 03.02


このdaysには4度目の登場のスノードロップです。
毎朝、庭をのぞく度にフフフッと幸せ気分にさせてくれるスノードロップ。毎年少しずつ花が増えていくのがうれしくてしかたありません。

大人?のフエルト

2008. 03.01


・・・実は虫食いのセーターだそう。
今日のガラスエッチング教室の生徒さんです、前回のお教室のときにフエルトを買って帰られました。虫食いセーターが見事にリフォームされて素敵な色合いに仕上がっていました。
写真ではお見せしきれていませんがスカートの色も、カーディガンもコーディネートされていたんですよ!!